« 映画の感想:ストリートファイター (Street Fighter 1994米) | トップページ | Googleドライブ スプレッドシート お試し »

2013年1月20日 (日)

映画の感想:誘う女 (To Die For, 1995米)

内容的にはとてもシンプル。見た後に実際の事件をベースにしていたとのことで納得。映画が始まると主人公が自分自身を語るビデオが流れ、いったい何のことだろうと視聴者に疑問を持たせる。徐々にそれを意味することがわかってくる。ただストーリーに入り込めるようにもう少し、なぜそのような状況になっていったのかをゆっくりとやっても良かったのではと思う。なぜ殺したいほどまでに思うようになったのか、なぜ人を利用したのか、どんな将来になりたかったのか、など。ただ、実際の事件では本人はあまり考えずに犯行に及んだのかもしれないし、または裁判などで明らかにされなかった部分は勝手に筋書きを作ることを躊躇したのかもしれないが。主役はNicole Kidmanだが、他はあまり有名な人を使っていないところはむしろ好感をもった。

参考1:
映画のWiki(日)
映画のWiki(米)

参考2:タイトルの意味
to die for : 死んでもいいくらい。すごくいい。
http://en.wiktionary.org/wiki/to_die_for

« 映画の感想:ストリートファイター (Street Fighter 1994米) | トップページ | Googleドライブ スプレッドシート お試し »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/575529/56583596

この記事へのトラックバック一覧です: 映画の感想:誘う女 (To Die For, 1995米):

« 映画の感想:ストリートファイター (Street Fighter 1994米) | トップページ | Googleドライブ スプレッドシート お試し »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ロジックパズル

  • まるばつロジック
  • 加算パズル
  • バラエティナンプレ
  • Chainナンプレ
  • Classicナンプレ
  • 点つなぎパズル
  • 迷路パズル
  • モザイクアート
  • リンク絵
  • 対象ロジック