« 映画の感想:シックスデイ (The Sixth Day, 2000米) | トップページ | 感想: 戦国IXA(ネットゲーム) »

2013年4月 6日 (土)

映画の感想:魔界転生 (1981日)

エロイムエッサイム 我は求め訴えたり! 日本の妖怪もの映画。沢田研二主演。
当時ずいぶんと騒がれていた気がする。 天草四郎時貞(沢田研二)が魔界から復活し、仲間を集めて恨みを晴らす、という内容だが、どうも微妙な気がする。
魔界からきた妖怪なのだから、恐ろしく、気持ち悪く、卑怯であったり、悪者に徹すれば良いと思うが、天草で死んだ人たちの恨みを晴らすため、というところが同情をひくものだから、徹しきれないと思った。もしもひどい描き方をすると、天草に関わる人はよく思わないだろう。
真田広之が演じた忍者役も、仇をうったあとも生きていて、おなごに恋をして、殺されたいとか、逃げようとか、これが本筋のストーリーなのかがわからないところが映画として少しさめて見てしまった。
丹波哲郎が演じた名刀村正についても、映画にいれる意味がない。必要ならば、決闘のシーンで村正を使った何かの効果を出すべきだろう。
柳生十兵衛(千葉真一)が正義の味方になるわけだが、あまり主役といった感じではない。妖怪を倒したい、という動機があまり見えない。十兵衛の父親も子供と対決したい、という理由だったが、そんなんで妖怪になるか、納得できなかった。
日本の歴史上の人物名が出てくるので興味を引くが、内容がつまらない映画だ。
最後のシーンも次回作にご期待といった感じ終わっていて、しっくりとこない。
2時間という短い時間なんだから、もっと整理してストーリーを分り易くすべきだろう。

« 映画の感想:シックスデイ (The Sixth Day, 2000米) | トップページ | 感想: 戦国IXA(ネットゲーム) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/575529/57119010

この記事へのトラックバック一覧です: 映画の感想:魔界転生 (1981日):

« 映画の感想:シックスデイ (The Sixth Day, 2000米) | トップページ | 感想: 戦国IXA(ネットゲーム) »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ロジックパズル

  • まるばつロジック
  • 加算パズル
  • バラエティナンプレ
  • Chainナンプレ
  • Classicナンプレ
  • 点つなぎパズル
  • 迷路パズル
  • モザイクアート
  • リンク絵
  • 対象ロジック