携帯・デジカメ

2015年11月 7日 (土)

F-08Dリセット

Android 携帯のF-08D(富士通製のDocomo回線用)をもう使わなくなっていたが、パスワード設定をしていて、パスワードを忘れてしまっていたので、初期化することもできず、手放すことができなかった。工場出荷状態に戻す設定は下記でできる。

  メニュー、設定、バックアップと復元、データの初期化

が、ここでパスワードが求められたため、できていなかった。
ググってわかったのは、次の方法でリセットすることができた。
 1.Menu + Back + 電源ボタンを押して起動
 2.緑のLEDがついたら電源ボタンを離す
 3.文字のみの画面が表示されるので、音量の上下で Factoryを選択
これで手放すこともできる。一安心。

Android 2.3.5

2015年1月26日 (月)

050 Plusの使用感 (iosにて)

今日は子供だけで出かけていって、050Plusを設定した携帯を持たせた。
帰りが遅くなると電話があり、その後こちらから電話をかけると、つながらない状態になった。ちょっと心配になってiPhoneを探すアプリを起動してみると、ネットワークにはつながっていて、同じ場所にいる様子。
家に帰ってきてから原因を分析すると、

・家に電話した後、友達にiPhoneを貸した(ゲームをするため)
・友達は、「遅くなったらアプリを全部閉じればいいんだよ」といってアプリを全部殺した
・調べてみると、050 Plusはアプリが殺されると着信しなくなる

 参考:サポートページ http://support.ntt.com/050plus/faq/detail/pid23000002ib
     アプリを立ち上げてない状態で着信した場合どうなりますか?

これはまいった。使い勝手が悪い。アプリが殺されても自動で起動してモラルと良いのだが。。 子供向けに安価な方法をとったが、これではちょっと携帯を持たせる川としては不安。
OCNさん、なんとかなりませんか。

とりあえず対策としては次にすることにした。

iosの電波強度が表示されるようにとSMS付きのSIMにしていたので、電話ができないときには電話をかけるようにとSMSを送ることにした。子供はそれを見て050plusのアプリを起動して電話をしてもらう。
今までは050 Plusは子供用だけで自分ではあまり動作確認していなかったので自分でも加入して使ってみることにした。 半額の150円なので負担は少ない。また、将来自分の携帯番号も050のみにしようかと考えていたので、実験することにした。

着信音は音楽を選択できるが(iosのように音楽を指定するときに面倒くさいことはしない)、一般の着信音は本体の初期設定と連動する、とされているが、連動しなかった。ios側で着信音のメロディを変更しても、iosのデフォルトの着信音のまま。これはiosか050plusアプリのバグだろう。

最後に。 アプリが起動していないと使えないのはやはり困るなーという印象。電話はもっとシンプルに動いてほしい。 これがわかってくるとちょっとあまり人には勧められない。
常に電話がとれない状態になっているかも(iPhoneの電気が入っていても、ネットワークにつながっていても)、という心配をしなければならない。 また、050Plusアプリが起動しているかどうか、画面上ではわからない。確認するために、ホームボタンをダブルクリックしなければならない。 正直、ちょっとやめたい気分。

2015年1月18日 (日)

MNPでOCNへ

2年縛りの切り替え月がやっときたのでMNPで携帯番号を格安SIMに移動させた。
OCN以外で検討したのはbic sim(IIJ) 魅力は一番安いことと、カウンターがビックカメラ店内にあってその場で持ち帰りができること。

ただし家族で考えるとOCNが一番安くなる。SIMカード3枚だとbicのファミリーが一番容量が大きいため、魅力的。でもSIMカードの追加ができないので、個人用を追加するしかない。OCNの場合は追加SIMができて(1枚450円)容量をシェアするタイプ。3枚超の場合(または未満の場合も)SIMカードの枚数が調整できた方が柔軟で結果安くなる。

月々の値段:1,100(1枚目で2GB容量)+450(2枚目のSIM)+700(音声)+450(3枚目以降も同様に450を追加するだけ)。単純でわかりやすい。通信事業者も参考にしてもらいたい。

OCNは1/31までのキャンペーンでSIMの発行手数料3000円がかからない。ささやかではあるが、通信事業者の端末数万円引き、毎月何千円引き、などの世界の方が異常に感じる。

OCN切り替えの手続きは電話+本人証明書類をウェブで貼り付けることにちょっと抵抗があるが、まぁ、まぁ、やってしまえばこんなものか、という印象。SIMの切り替えのため、一時的にスマホ(電話+データ)が使えない時間があるが、今回のケースでは使えないのは実質1日半だった。下記は詳細:

1/11(日)夕方6時半頃、電話&ウェブページから免許証の写真を添付
1/11(日)夜9時半頃、メールで書類受信のお知らせ
1/15(木)朝10時半頃、SMSでMNP転入による番号停止のお知らせ
1/16(金)昼間にSIMカード到着

電話も普通に使える。問題なし。

おまけ1:
OCNは050Plusが1件無料でついてくるので、今子供用に契約した050が1件無料になった。(月150円:OCNモバイルONEの契約者) 自分用に番号が送られてくるが、セットアップしなければそれは有効にならず、現在の契約から050Plus料金を引いてくれるとのこと。
これはおそらく来月の引き落とし状況を見ないと確認できない。

おまけ2:
bic simのメリットのもう1つは、Wifiが使える点だ。(バックで受け付けるIIJの「みおふぉん」にはついていない) OCNでも無料で追加されるらしい。モニタを募集しているので、参加してみるかも。

おまけ3:
OCNのメールをiPhoneから読めるように設定した。ググって個人のページを参考にしたら、つながらず、OCNのサポートページを探して設定したらちゃんとできた。
参照:http://support.ntt.com/ocn/support/pid2990020001

作業の記録メモとして:
iPhone設定>メール>アカウントの追加
POPアカウント
名前:任意の文字(たぶんメールの送信者名になると思う)
メール:aaaa@bbb.ocn.ne.jp
説明:iPhone上で設定登録に表示される名前
SMTPアカウント
プライマリサーバ:smtp.ocn.ne.jp
ホスト名:smtp.ocn.ne.jp
ユーザ名:aaaa@bbb.ocn.ne.jp
パスワード:メールパスワード
SSLを使用:ON
認証:パスワード
サーバポート:465

おまけ4:
Wifiトライアルに参加しようと、ウェブページから申し込んだが、SIMの番号と携帯番号を入力するとエラーとなってしまう。OCNにメールで質問中。

2014年8月10日 (日)

Cyber shot DSC-RX100購入

現時点ではこの機種は最新ではないが、良いものであることと、おそらく底値だろうと思い、購入した。Amazonで\37,500だった。届いたのはお盆休み初日の土曜日。届けてくれたヤマト運輸さんに感謝。

センサーサイズが1インチあり、F1.8からのレンズの組み合わせはなかなかすごい。その上持ち運びしやすいサイズになっているのは価値あり。
後継機種との差を見ても、基本性能は同じようだったので、決めた。
おおざっぱには、RX100 II はチルド画面とwifi 、RX100 IIIは電子ビューファインダとレンズ(テレ端が明るくなった:望遠がすこしできなくなった)。レンズ性能はうらやましいが、8万円程度と、2倍の値段を出すほどの差ではない。RX100が一番軽い、という利点もあるし、しばらく使ってみたいと思う。電車で旅行に行くときは荷物が増えなくて良さそう。

パッケージを開封したときに、かっこよかったので写真を撮っておいた。

Ximg_2432_2

Ximg_2433

Ximg_2434


性能はこんな感じ

Ximg_2436

2014年3月25日 (火)

iPhone4 電池交換

アマゾンでiPhone修理工具が売っているので、買ってみた。264円とやすい。バッテリの取り外しをしてみたらすぐにできた。参考資料は下記。

http://matome.naver.jp/odai/2133708648179298401

ただし、取り付け後に振ると、かさかさという音がする。普通に動くので問題ないが、気にする人は業者にやってもらった方がよさそう。

ただし業者は値段は高い。Apple専門店以外にもやっているところはあるようだが、品質に問題がないかは不明。

簡単なので、自分でやるのがおすすめ。

2014年3月12日 (水)

iPhone5s OCNでLTE通信 OK

以前にプロファイルを作成しても3G通信しかできず、OCNサポートに電話をしてもなしのつぶてだったが、今日見たらLTE通信ができそうに書かれている。

参考 http://www.ocn.ne.jp/info/announce/2013/12/10_2.html

設定の詳細はこのページ
http://service.ocn.ne.jp/mobile/one/datacard/pdf/iphone_profile_131209.pdf

はじめから作っておいてほしかった。試行錯誤する手間が省けたのに。。。

ま、この参考資料の通りに設定したところ、LTEでつなげられた。
速度を測ったところ6Mくらいだった。 3Gではかったときは5Mだったのでちょっとは早くなったかも。。。

それと、うまくいくようになったのはiOS7.1にあげたことも関係しているかも。

2013年12月16日 (月)

OCN iPhone5s 設定の確認

OCNのテクニカルサポートに確認してみた。
前回:iPhone5s SIMフリー購入(OCNと契約、iPhone5sへの設定方法)
http://masatoshi.air-nifty.com/blog/2013/12/iphone5s-sim-57.html
にて、LTEに設定してもつながらない(3Gはつながる)こと、IIJのページには接続不可と書かれていること、について書いた。 参考:IIJさん:http://techlog.iij.ad.jp/archives/710  (ありがとう。こちらも契約してますよ)

■確認したこと
Q1.iPhone5sで接続できるのか
A1.接続しているお客がいる

Q2.iPhone構成ユーティリティを使って3Gでは接続ができているが、LTEに設定する方法はAPNを変更するだけでよいのか
A2.その通り

ということだったので、再度試してみた。結局LTE接続はだめだった。
→「実績あり」の回答は「ホンマかいなー」という印象。でも端末メーカではないのでそれ以上は突っ込めない。せっかく電話したのでそのほかのことも質問してみた。

Q3.受け取った手紙「OCN会員登録証のご案内」にはOCNホットスポット 重量プランの接続が書かれているが、加入しているのか?
A3.OCNユーザはすべて加入しているので、スポットで設定すれば使えるようになる。ただし課金される(1分いくらなど)。詳しくはOCNのモバイルのページに書かれている。

Q4.報道でOCNがSMSに対応すると言われているが、ホームページで見つからなかった
A4.明日からの対応となる。ホームページまたは電話で受付が可能
  電話:0120-506-506

■その他
3Gだと、受信時最大14.4Mbpsとなる。LTEの受信時最大112.5Mbpsとはだいぶ劣る。OCNの動作確認端末に5sが載っていないのは、このせいではないのか?
(iPhone5sでLTEができないことをわかっているのに112.5Mbpsを宣伝すると詐欺になる?)
LTEでもそんなに出ることは滅多にないから、気にする必要はないのかもしれないけど。

電話サポートの待ち時間は、最初の電話が5分程度でつながり、混み合っていると言うことで30分後くらいに折り返しの電話をもらった。電話の最後にアンケートがあり、4項目すべて「はい」(満足している)を回答した。

2013年12月 4日 (水)

iPhone5s SIMフリー購入(OCNと契約、iPhone5sへの設定方法)

AppleのサイトからSIM Lock FreeのiPhone5s が販売されるようになった。

海外サイトから購入しようかと思っていたが、日本のAppleサイトの方が値段が安かったのでそちらにした。 ちなみに色はゴールド(本体の側面もゴールド!)。

値段の参考(2013/11月末時点):
  iPhone5s 16GByteモデルは、Expansysが\85,000程度、Appleが \71,000程度
  Amazonではもっと高かった気がする。

着払いで購入。(購入時にApple IDが必要になるが、なんでやねん関係ないじゃん、という感じ。これで個人情報が記録されてしまった) 到着予定は1-2週後となっていたが、実際には4日後には届いた。SIMはその後検討した。いろいろとみたが、選択肢(*)が多かった OCN モバイル ONEにした。設定方法をメモ程度に。
(*)OCNのサービスはいくつかあり、データ量で月々の値段が決まるが、月に1回は変更可能とのこと。

参考:OCN
http://store.ntt.com/p/ocn_mobile_one?sccid=c_ppc_g_pc_mobileone&wapr=529f1843

AmazonでSIMを購入。2日後に到着。到着後はウェブからの設定のみで使えるようになる。
登録は配送されたSIMの情報と、個人情報、クレジットカードを登録する。

登録が完了すると、携帯端末への設定情報が表示される。いろいろと情報があるが、ここで必要なものは、APN、ユーザID、パスワードくらい。

iPhoneへの設定は少しやっかい。iPhone5までは上記を直接iPhoneの設定メニューから設定ができたが、5sではできなくなっている。AppleのサイトからPCのソフトをダウンロードして(win or mac用)、プロファイルを作成する必要がある。
※ IIJやbmobileは自分で作成しなくてもホームページからプロファイルをダウンロードできるようになっている。IIJはプロファイルのダウントー度を試したが、ちょー簡単。それに比べてOCNは。。。 説明はiPhone5用しかなく(もうiPhone5sが発売されてから2ヶ月半くらいたっている)、iPhone5以外はAppleのサイトへのリンクが張られているだけ。しかも「自己責任で」、という下りが腹立たしい。NTT系は殿様商売がお得意だ。

参考:OCN設定サポート OCN モバイル ONE
http://tech.support.ntt.com/ocn/mobile/one/index.html

設定方法を簡単に。
1.ダウンロードしたiPhone構成ユーティリティをインストールして実行

参考:Appleの説明ページ
http://support.apple.com/kb/HT4839?viewlocale=ja_JP

参考:iPhone 構成ユーティリティ 3.6.2 - Windows システム用
http://support.apple.com/kb/DL1466?viewlocale=ja_JP

2.iPhoneをUSBで接続

3.構成ユーティリティで、左枠の構成プロファイルを選択し、右枠に表示される、一般とAPNを設定する

3.1.一般:名前と識別子を任意で。

3.2.APN:アクセスポイント名(APN)、アクセスポイント・ユーザ名、アクセスポイント・パスワードを設定する
    APN=3g-d-2.ocn.ne.jp
    アクセスポイント・ユーザ名=xxx@one.ocn.ne.jp (認証ID)
    アクセスポイント・パスワード=(認証パスワード)

4.構成後に、ユーティリティからインストールボタン、続けてiPhoneでインストールボタン
  ( IIJのプロファイルを残したままではエラーとなった。IIJは削除する必要あり)
※設定のスクリーンショットはクリックで拡大

Iphone

これでつながった。 iPhone上部にDocomoの文字が表示される。
上記の設定は3G用のAPNとしている。悩んだが、LTEのAPNはDocomo MVNOでは使えないっぽい。IIJさんのブログが参考になる(ありがとう!親切!これとは別に契約しているから情報量はいらないよね!)。

参考: iPhone 5s・iPhone 5c IIJmio高速モバイル/Dで使える?
http://techlog.iij.ad.jp/archives/716

試しにつないだが、auの3G表示がされている状態とOCN MVNOで速度を比べたが同じくらいのスピードが出ていた。

参考情報: IIJのミニマムスタートが200kbpsになったことは知っていたが、ハイスピードの500MByteが毎月つくようになったんだね。しらん買った。なにげに早かったと言うことか。
OCNに変えようかと思っていたが、このままでいいかな。。。(情報提供してくれて、やさしいし)

参考:mio高速モバイル/D - 価格・仕様
https://www.iijmio.jp/guide/outline/hdd/spec.jsp?l=0m216a

IIJのファミリープランもよいな、と思ったけど、\2,688/月(2GB)は微妙。SIMカード2枚ならば、それぞれ別々に(\1,000程度の)契約をしても月々の支払いは変わらない。3枚SIMカードを契約するならば、ちょっと安くなる。

ちなみに、最低速度はどちらも200kbps。スピードアップするデータ量と値段のみで選べばよいと思う。

2013年8月31日 (土)

eos m のファーム更新

ファームウェア更新の記事が出ていた。
http://cweb.canon.jp/drv-upd/eosd/eosm-firm.html

変更点のうち、関係しそうなところは↓の1つだけ。

  1. ワンショットAFにおける合焦速度が向上しました。

早速更新してみた。手順はリンク先のページからダウンロードを行うとPDFファイルとして説明がついてくる。簡単には次の手順。
1.eos mでSDカードを初期化
2.PCでダウンロードしたファイルをSDカードのルートのコピー
3.SDカードをeos mにさして、設定メニューのファームウェア番号が表示されたところでSETボタンを押すとアップデートしてくれる
P8310974_1

P8310975_1

P8310976_1

P8310977_1

P8310978_1

P8310979_1





2013年3月 3日 (日)

格安SIM 使用感

docomoのMVNO(docomo回線をかりた事業)でいくつか格安でデータ通信ができるようになってきた。一番メジャーなのはイオンSIMだろう。いろいろと検討して、DTIとIIJ mioを試したので、感想をお伝えしたい。

現時点で一番安いのはDTIだと思う。 docomo用のandroid端末を安く手に入れられるとすごく安くなる。

■DTI 月額490円(税込)。 +3円のユニバーサル料。
速度が100kbps。それってどんなものか、というと、モバイル用に最適化されたページは閲覧OK。それと地図も大丈夫。少し表示が遅め、という感じ。メールやSNSも当然平気でできる。
地図は一番期待しているところだが、以前にiPhone4(Softbank 3G)ではとてもおそく、つなぎづらかった。DTIでは同じくらいの速度に感じた。 docomo回線を使うので電波はとらえやすいようだ。

オプション速度切り替えができる。262円で100MByte。すると100kbpsの制限がなくなり、通常3Gとしてつかえる。やってみると、これならば普通の(PC用の)ウェブサイトも閲覧できる。家ではWifiにつなぎ、外でウェブをみるときだけ、これに切り替えれる使い方をすればば十分に使える。
androidはソフトウェアの更新など勝手に通信をするので、普段はオプションの速度をOFFに切り替えておくことが大事。 速度切り替えはandroid用のアプリケーションがダウンロードできるので、簡単。ソフトは使いやすいし、残量もすぐに見えてわかりやすい。

iPad miniにもDTIを使いたいと思っていたが、できなかった。iPad miniはnano SIMという今一番小さいSIMを使うが、DTIでは標準とマイクロSIMしか出していない。nanoも検討する、という発表をしているのでしばらく待ったが、いっこうにリリースされてこないので、マイクロSIMからnano SIMを作成できる、というSIMカッターを購入してチャレンジしてみた。
ウェブでいろいろと成功談、苦労談がでていて、何とかできるかと思ったが、失敗に終わった。SIMを発行してもらうのに3000円かかるので、そうそうはチャレンジできない。
docomo SIMは金属の接地面が海外SIMよりも大きいらしく、カットさせるのはかなり難しいようだ。

そこで、docomo社でnano SIMを出していることはわかっていたがやはり高いので格安SIMでnano SIMを探すと、IIJmio(あいあいじぇい・みおと呼ぶらしい)のみからでている。DTIと比べると少し高い。

■IIJ mio月額:900円(税別、税込み945円)。
こちらは128kbpsと速度はあまりDTIと変わらないので、やはり少し高い。DTIからnano SIMが出てきたら、再度検討したい。
こちらはオプションでLTEが使えるらしい。(未確認) 500円で100MByteなので、オプション料金も2倍。
iPad miniにIIJ mioの組み合わせでもメールSNSは十分可能。 地図は画面が大きい分やはり遅さが目立つが、iPhone4のころの遅さを考えると、こんなものかと納得もできる。

■設定方法
大手メーカから買う場合には何も設定しなくても使えるようになっているが、格安SIMの場合にはちょっとだけ設定が必要。でも簡単。次の4つを設定するだけ。
APN、ユーザ名、パスワード、認証タイプ。
上記はSIMと一緒に設定値が送られてくるし、SIM会社のホームページでも確認できる。
iPad miniでは認証タイプを設定する場所がなかったが、動作した。
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ロジックパズル

  • まるばつロジック
  • 加算パズル
  • バラエティナンプレ
  • Chainナンプレ
  • Classicナンプレ
  • 点つなぎパズル
  • 迷路パズル
  • モザイクアート
  • リンク絵
  • 対象ロジック